【エッセイ】男であるということ

私は男の身体を持って生まれて、恋愛対象は女性だ。ありふれたマジョリティのはずだけれど、一方で私は、自分が男であるということをうまく受け入れられずに育ってきた。
野島智司(マイマイ計画) 2023.04.23
サポートメンバー限定

私は男の身体を持って生まれて、恋愛対象は女性だ。ありふれたマジョリティのはずだけれど、一方で、自分が男であるということをうまく受け入れられずに育ってきた。

幼い頃は女の子に間違われることが多かった程度で、特に男であることに違和感を抱いていたわけではない。けれど、10代後半くらいから、次第に自分が男であることに息苦しさを感じるようになった

理由は、自分にちっとも「男らしさ」に属する要素がないと気づいたから。むしろちょっとした仕草から物の感じ方や考え方までが、しばしば「女らしい」とされるものに当てはまった。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、1606文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
【フィールドノート】コケとクマムシ
誰でも
【フィールドノート】ジンガサハムシの見つからない日
読者限定
【フィールドノート】苦いタンポポコーヒー
誰でも
【フィールドノート】子どもと自然との関わりについてのフィールドノート始...
誰でも
【お知らせ】『まだまだ ざんねんないきもの事典』出てました
誰でも
【お知らせ】いろいろ近況報告
サポートメンバー限定
240428マイマイな日常:傷をもって生きる
サポートメンバー限定
マイマイな日常240421 ナミギセルとツクシマイマイ